FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画『レオン』に登場。アグラオネマ

『アグラオネマ・シルバーキング。』
模様の入り方が美しい。

熱帯アジアに約50品種(!)も分布している植物です。

アグラオネマ
【日当たり・置き場所・育て方】  
直射日光を嫌い、一年を通して半日陰の場所で育てます。耐陰性は強く、それなりの日陰でもあまり間延びせずに育ちます。
ただし耐寒性はほとんどないので、冬は室温が12℃以上保ってください。暖房の入っている部屋においても良いですがその場合は直接風の当たらない場所に置き、乾燥防止のために1日1回霧吹きで葉に水をかけるようにして下さい。


要するに、日陰でいいけど寒さダメってことですな。
よく、聞かれる『日の当たらない部屋で育つ観葉植物ありますか?』
これにぴったりじゃありませんか。
ただね、日当たり悪い部屋って絶対冬寒いよね。冬に枯らしてしまわないよう暖かくしてあげてください。


リュック・べッソン監督の映画『レオン』の中で、ジャン・レノ扮する殺し屋レオンが大切に育てていたのが、このアグラオネマです。
↓これね。
LEON
若干品種は違いますが。レオンに出てたのはおそらく『カーティシー』
映画全体を通じて重要な役割を果たしていました。ラストシーンではマチルダが亡きレオンが大地に根付くようにとお庭に植えます。

また、映画が見たくなってきました。DVD探そう!



オンラインショップはこちら↓
フラワーリベルテ『STORES.jp』
フラワーリベルテ『Yahoo!ショッピング』


ていうか、寒さに弱いアグラオネマ。
屋外の地植えでは、おそらく枯れ…
いや、なんでもありませーん!
スポンサーサイト

2013/10/21(月) | Green | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://flowerliberte.blog12.fc2.com/tb.php/238-805dab19
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。